投稿

歎徳

イメージ
妙深寺でお葬式をさせていただく時、私たちは「歎徳」を作らせていただきます。
亡くなられた方がどこで生まれ、どんなご一生を送られたか、そしてどのような功徳を積まれてきたか、ご宝前に言上させていただくのです。
一昨日はお通夜のご奉公、昨日は午前中に告別式のご奉公をさせていただきました。
昭和16年に満州の奉天でお生まれになり、5才の時に大混乱の中で満州から引き揚げ、その途中で妹さんが亡くなり、苦労の果てに鶴ヶ峰の引揚者住宅に住まわれました。
その住宅で妙深寺の副ご住職、同じく満州から引き揚げてきた坂本正教師のご家族と近所になられました。
戦争の傷痕が色濃く残る中で妙深寺を訪ね、日博上人にお会いになりました。
お母さまは心から随喜し、その後は正教師のお母さま、後の妙正師と共に、下駄が擦り切れるまで、鼻緒が切れるまで、苦しみ悩む方々のためにお助行に廻られたのでした。
故人は「貧しくてお金のご有志は出来なくても、身体のご有志は出来る」というお母さまの言葉を繰り返し聞かされていたと言います。
電車賃を握りしめ、お兄さまと二人で家から妙深寺までお参りされていました。
その後、こうした大変なご苦労を糧として、実業家として大成功を収められ、中国や韓国にも支社を設けるまでになられました。
妙深寺の建財ご有志、国際貢献のためのご有志など、重ねてご奉公くださいました。
歎徳を作成させていただくにあたり、そのご一生を振り返り、いつも、初代日博上人や先住松風院日爽上人、それぞれの時代のご奉公やご苦労を思い浮かべ、深い想いを抱きながら葬儀のご奉公をさせていただくことが出来ます。
一昨日、昨日も、ご遺族とともに精一杯お見送りのご奉公をさせていただきました。
そうしたお見送りのご奉公を終えてから、東京でした。
今日も朝の門祖総講を終えてから、六本木ヒルズクラブにお招きいただいてある方とご面談し、この後15時から大原先生、16時半から駐日サンマリノ共和国大使館で打ち合わせさせていただきます。
明日11時のフライトでスリランカです。

小さな花

イメージ
もはや分刻みで大事な大事なご奉公、大切な大切な方々との会合が続き、写真もなく、文字も書けず。
ただ、本当にありがたいです。
今朝、境内に咲いていた小さな花。
美しい。
資料をたくさんコピーして、袋に分けて、急いで出ようとしたら車が汚くて汚くて。
スーツのまま洗車しようとバケツで水をかけていましたが、タイムリミット。
道が渋滞していて弱りました。雨も降ってきましたし(涙)。
でも、なんとか間に合いました。
16時半からは「トランクの中の日本~戦争、平和、そして仏教」展をイタリア語へ翻訳くださるダリオさんと打ち合わせさせていただきました。
先日、高畑勲監督の追悼のために放送された『火垂るの墓』をあらためて観ました。
映画の二人と、自分たちが想いを込めて開催してきたオダネル氏の写真の二人が重なって、声をあげて泣きました。
「焼き場に立つ少年」は、瞬間を収めただけだけれど、この少年にも、その前の、亡くなった幼い弟と過ごした時間があって、その後の、一人になってからの時間があったのだと、当たり前のことなのに、あの映画を観て、あらためて気づかされ、涙が出て涙が出て止まらなくなりました。
病気や事故で唐突に奪われてゆく尊い命もあります。
その口惜しさを噛み締めれば噛み締めるほど、人間同士の愚かな行為の果てに、幼い子どもたちが命を奪われるなんて許せない。
いや、許せないだけではなく、今の自分に出来ることを、命にカンナをかけてでもしなければ。
「焼き場に立つ少年」の写真を、何度も何度も見返しながら、思います。
ダリオさんにお願いした後は久しぶりに小学館のKさまとお会いしました。<

ダハール清天師の家族が親会場へ!

イメージ
ネパールのダハール・清天師から報告が来ました。
先日は高熱で驚きましたが、Kuwon君の体調も落ち着き、奥さんの準備も整いました。
昨夜、無事に妙深寺ネパール親会場へ到着し、家族の引っ越しが完了しました。
フライトが6時間も遅れ、カトマンズからの道は雨で状態が悪くなり、午後10時を過ぎてやっと親会場までたどり着いたそうです。
今日の朝はとても美しかったと書かれていました。
苦難、困難を乗り越えて、ご奉公の場所に来た、家族みんなの門出を祝福してくださっているようです。
夜10時には先日亡くなった青年のご家族がご回向の御礼にお参詣くださったそうです。
とわざわざカトマンズから25名もお参詣くださいました。
妙深寺ネパール親会場のご宝前でのご回向、そしてHBSネパール平和題目塔でのお焼香と献花をしてくださり、本当にありがたいです。
題目塔の左側には、旭くんのご遺骨を納骨させていただいています。
みんな、そちら側に向かってご回向くださるのです。
深々と、頭を地面につけて拝礼してくださっている写真を見て、心から有難く思いました。
本当に、ありがとうございます。

「維新外伝」図録完成!

イメージ
昨日、京都佛立ミュージアムの明治維新150年特別展示「維新外伝~日本のアナザーストーリーズ~」の図録が完成いたしました!
うれしいですー(涙)!
全118ページ、DVD付きで1000円。実費が990円くらいですので、いつもながらプラスマイナスゼロ(笑)。
でも、一人でも多くの方に読んでいただきたいです!
インターネット販売もしているのですが、まだクレジットでの支払いが出来ないなど使いにくいと思います。
十分に整備できておらず、申し訳ございません(涙)。
しかし、またまた内容の濃い、ここでしか分からない、魅力ある一冊となっておりますので、是非お求めくださいませー!
https://hbs.onlinestores.jp/category/select/pid/8776
京都佛立ミュージアムとして7冊目となる図録です。
明日の本山宥清寺の門祖会に間に合わせることが出来て、本当に有難く思っています。
やはり、産みの苦しみは忘れてしまいました。
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします!

菩薩行の糧

イメージ
今日は長野へ。
全く落ち着かず申し訳ありません。
京都から、車で寄り道をしながら横浜まで戻ってきました。
今回も一生分の一の勉強をさせていただきました。
高速道路から見える景色はすっかり春になっていました。
吹き出したばかりの若葉がキラキラと、ユラユラと山肌が泡立って見えるように光っているんですよね。
本当に美しい国です。
正ちゃんから海の恵みを送っていただきました。
対馬沖の大海原を泳いでいた見事なブリとヒラマサです。
僕たちは一般の方々と変わぬ食生活をさせていただいています。
どうしても殺生しながら生きてしまう世の中にあって、天地の恵みをいただきながら「では何のために生きているか」という一点だけを大切にしなさいと教えていただきます。
素晴らしい海の恵みを送っていただき、妙深寺のみんなが元気にご奉公させていただけますように。
ネパールに海はないし、スリランカでも生魚を食べる習慣はありません。
しかし、スリランカ人の清嵐師も、ネパール人の清地師も、美味しく頂戴したとのことです。

仙台市博物館「戊辰戦争150年展」

イメージ
実は仙台妙護寺から仙台駅の出発時間まで、いつもの単独弾丸行動をしてしまいました。
前日に仙台市博物館で「戊辰戦争150年」の展示が始まっているというメールをいただき、どうしても訪ねたいと思ってしまったのです。
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20180414/0000882.html
青葉城城址でみんなと別れて、一人でタクシーに乗り仙台市博物館まで飛んで参りました。
なんと、入り口を見たら「戊辰戦争150年展」の看板がなく、別の企画展のタペストリー(涙)。
「手仕事の日本展」?
恐る恐る受付でご挨拶して事情を説明すると、すぐに学芸員の水野さまをご紹介くださいました。
水野学芸員はまさに「戊辰戦争150年展」の担当をされています。
京都佛立ミュージアムでの「維新外伝展」についてご説明させていただき、水野さまから「戊辰戦争150年展」の概要についてお聞きすることが出来ました。
長岡藩、会津藩、仙台藩など、奥羽列藩同盟の側から見た幕末と維新、その状況には「維新外伝展」に共通するアナザーストーリーが多くあり、深い洞察が必要です。
明治維新は称賛の対象ではなく未だ検証の対象であること。
現在は2ケースでの展示で、10月26日から12月9日まで仙台市博物館「戊辰戦争150年」展が開催されるそうです。
水野学芸員さまにお目にかかれて、本当にありがたかったです。
仙台市博物館、展示のスケールが違っていて、本当に立派で感動しました。
目的の一つでもあった支倉常長の特別展示も拝見しました。
彼は伊達政宗の命を受けて大海原を渡り、バチカンまでたどり着きました。
過酷なミッションをやり遂げて帰国したにもかかわらず、あまりにも不遇で不幸な余生を過ごしま

一生分の一。仙台妙護寺でのご奉公。

イメージ
大切なことは、宗教家としての覚悟かもしれません。
今回の自分の一生で、ここでご奉公させていただける機会は二度とないという。
御法さまへのご挨拶、ご奉公いただいている方々との出逢い、ふれあい。語り合い。
そして、この一座に、お参りいただいている方々との、一生分の一のお看経、御法門。
今日も、全身全霊、精一杯ご奉公させていただきました。
ありがとうございます。
この二日間、雨も降らず、穏やかな中で40名近くの団参が出来ました。
遊覧船に乗っちゃったり、かまぼこ工場に行っちゃったり、青葉城城址に行っちゃったりしました(笑)。
気がつけば穏やかな最高のお天気。
でも、お天気であることより大切なことがあります。
それが、今日のご奉公に問われるところで、自分に厳しく突きつけているところ。
一生分の一の今日を切り取ってお参りくださった方々。
すでにご信心をしておられる方々が「あぁご信心をしてきてよかった」「佛立でよかった」と思ってくださり、さらにご信心を増進なさいますように。
はじめてお寺にお参りされた方が「ご信心してみよう!」と思ってくださいますように。
日々ご奉公くださっているお役中の皆さまがさらに随喜して、尊い菩薩行、お折伏、お教化のご奉公に進んでくださいますように。